> 支援する > JOCSでは使用済み切手と外国コイン・紙幣と書き損じはがきを集めています。

使用済み切手運動について

日本キリスト教海外医療協力会(JOCS)は、1964年に日本で初めて使用済み切手による海外の医療支援を始めました。 現在も、全国から寄せられる使用済み切手や書き損じはがき、外国コインなどをアジアやアフリカの保健医療事情の向上のため、役立てています。





使用済み切手以外に集めているもの

  • 書き損じはがき







  • None

使用済み切手関連資料のダウンロード

  • 切手運動紹介チラシ
    None


    使用済み切手の切り方( PDF
    None



  • 切手運動紙芝居






    紙芝居・絵
    None




    PowerPoint
    None


    None








    None








    紙芝居・セリフ
    None


    None



使用済み切手のご寄付が役立てられる活動
・バングラデシュとタンザニアに、医療スタッフを送って保健医療協力を行う。
・インド、ウガンダ、タンザニア、ネパール、バングラデシュの現地の医療スタッフに、奨学金援助を行う。
・カンボジア、ケニア、タンザニアで、現地団体との協働プロジェクトを行う。 詳細⇒

2016年度は、切手や書き損じはがき、外国コイン・紙幣などの収集により換金した2,000万円をこれらの保健医療協力費用として役立てることが出来ました。

使用済み切手や書き損じはがき、外国コインのご寄付で何ができるか

JOCSの国際保健医療協力は、薬や注射器などの物資派遣ではなく、基本的に人材協力と教育支援が主になります。 このため、使用済み切手のご寄付が、どのくらいでどの程度実質的に役立つか分からない、という声を多くいただいています。 そこで、以下のような指標を作ってみました。


一例として、タンザニアの看護学校の1年分の教科書代としての5,000枚の使用済み切手を換金すると約1900円、です。 書き損じハガキにすると、手数料をのぞいておよそ42枚、外国コインにしておよそ1.6Kg弱(Kg/1,200円 )となります。 JOCSの使用済み切手運動は、多くの個人切手収集家に換金をお願いしているため、業者による買取よりも換金率が高く、皆さまからご寄付いただいた切手寄付の価値も相対的に高くなります。

ブログ記事リスト



使用済み切手、書き損じはがき、外国コインなどの送り先、お問い合わせ先

東京:〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-3-18-51 JOCS東京事務局切手部
None


TEL 03-3208-2418




大阪:〒530-0013 大阪市北区茶屋町2-30 大阪聖パウロ教会内 JOCS関西事務局
None






TEL 06-6359-7277

None





None




使用済み切手などのご寄附は、送付にかかる送料を各自のご負担でお願いしております。あらかじめ、ご了解の上、ご協力をお願いいたします。

None





None





jnice09-ipp19-wo-zo-0074