茶道

Update: 2017/08/30

とは「お茶を極める道」を意味する。「茶の湯」とも呼ばれる は、日本の伝統において重要な位置を占めている。すべての動きに調和と意味が込められた 茶道 を極めるのは、決して簡単なことではない。

None









茶道施設を探す

None











の一連の流れを見ていると、はかなさの中に美しさを見出す「わびさび」という哲学が現代にも息づいていることが分かる。 茶道 とは単に茶をふるまうことに意味があるのではなく、茶を淹れる際の意識を中心に展開していく。つまり とは、わびさびの哲学を追求する精神的鍛錬なのだ。水指や茶碗、茶釜といった 茶道 具は、徹底的に簡素な作りとなっている。また不完全の中に美を見出すために、あえて歪みや凸凹を残した道具も多い。茶式を執り行う人間は物事の不完全さを受け入れた上で、心穏やかに点前に全身全霊を注ぐ。それこそが の哲学なのだ。

に必要な道具は以下の通り。
None






ふくさ 絹でできた2枚重ねの布。 具を拭く際に使用する
None


懐紙  小ぶりの和紙。出されたお菓子を取り分ける際、皿代わりに使用する。
None


薄茶を飲み終わったあと、茶碗の飲み口を指で拭って拭き、懐紙で指を清める。
濃茶の場合は、懐紙で飲み口を拭き取る。
また、出されたお菓子を食べきれなかった場合は、この懐紙に包んで懐にしまう。
棗   薄茶用の抹茶の粉が入っている器。
茶いれ 濃茶用の抹茶の粉が入っている陶製の容器。
None






茶杓  茶器から抹茶をすくい、茶碗に入れるための匙。一般的には竹製。
茶筅  お茶を点てるための道具。抹茶にお湯を加え、茶碗の中でかき回すことで、抹茶
の粉を均一に分散させる。
None




茶巾  麻でできた布で、茶碗を拭くために使う。あらかじめ濡らしておく。
茶碗  大きさや型は、お茶の濃さや式が行われる季節によって異なる。
None






柄杓  水を汲む道具。夏用は小さめ、冬用は大きめと、季節によってサイズが異なる。
茶釜  お茶を点てるためのお湯を沸かす釜。
None






掛け軸 式に縁のある日本画や書が描かれたもので、床の間にかかっている。
花入れ 床の間に花を飾る花瓶。主に一輪挿しで、床の間に置かれる。
素材は竹、陶器、籐など、季節や飾る花によって異なる。

None



None

茶道 を学ぶのは簡単なことではない。点前の手順を覚えることも重要だが、それ以上にわびさびの哲学を極め、理解することが重要だからだ。なお一般的には、流派が認定した師匠に学んだ生徒が、さらにその下の生徒を教えることが多い。
None






茶道 を学ぶには流派に属する必要があり、 の流派は教室や協会を持っている。また日本の学校では、クラブ活動で 茶道 を行っているところもある。

  • カテゴリ





  • 記事ジャンル None











※記事掲載時の情報です。

この記事をシェアする



  • 静心 Shizu-Kokoro~茶道体験~











    観光する





    茶道
    浅草
jnice09-ipp19-wo-zo-0198