None



-





None

神奈川県の鵠沼海岸で書道教室を行っている書道家の明葉(めいよう)さんが海書道をはじめたのは、ここ1年くらいのこと。きっかけは、立川の和紙屋(「紙匠 雅」)の店主、吉田さんが主催した山頂書道を経験して屋外で行う書道の魅力に気付いたのだそうです。

None





「海を見ていると小さいことがくだらなく思える」と語る明葉さん。心が広くなりリセットされるのが魅力だといいます。これは海に限らず、登山など大自然と向き合うのが好きな方々が共通に抱いている魅力かもしれません。













この日の海書道は朝10時から午後の13時まで。前半は小さい頃に誰しもが経験している書道の感覚を思い出すことから始め、半紙に思い思いの字を各自書いていきます。



青空の下、そこには張りつめた空気は微塵も感じられず、「それ何書いてる?」「うまい!」「めっちゃ下手だね」など皆で楽しく会話しながら文字を書いていきます。









None

編集部も『.HYAKKEI』の文字に挑戦!大きな全紙ということで、後先考えずに思い切って書き始めたら1枚におさまりませんでした・・・

そして締めはチームプレー!皆でひとつの言葉を書いていきます。これも広い空間を使える海書道ならではの楽しみ方。1チームずつ固唾を飲みながら慎重に、でも豪快に筆を進めます。





緊張しつつも楽しみながら完成!皆さん良い笑顔です。それぞれどんな想いを込めてこの字を書いたのでしょうか。



海岸沿いで生活していると、潮の香りの変化に気付くのだそうです。そしてそれは日々変化していて、波だって二度と同じ波はやってくることはありません。そういった一期一会を肌で感じながら、時の流れを感じることができる。それも海の魅力だと明葉さんは言います。自然は時の流れに応じて様々な表情を私たちに見せてくれます。それが仮に自分の想定外だったものだとしても、その瞬間はその時にしかないのであって、すぐにその時は流れます。
None






そういった自然の変化、時の流れという大きな動きの中で書道をするというスタイルは、単に字を書くだけではない、その時その時を全力で楽しむことの大切さを感じさせてくれました

最後に、明葉さんが『.HYAKKEI』を書いてくれました!
こちらの無茶なお願いにも、快く引き受けたくれた明葉さんに感謝です。

今後も海書道を続けて、書道を楽しむきっかけを作っていきたいと語る明葉さん。リピーターが多いそうですが、この開放感の中で豪快に字を書けるのは本当に気持ちいいので納得です。是非皆さんも来年開催される海書道に脚を運んでみてください、インプットとアウトプットの連続にきっとハマると思いますよ。

None





None


文:.HYAKKEI編集部 /写真:黒木武浩(黒木写真事務所)


明葉書道会 公式ブログ
None








LIFE WITH NATURE!

最近人気の記事ランキング

.HYAKKEI編集部おすすめの記事



  • SPONSORED





最新の記事

特集・連載コンテンツ

もっと見る

トピックから記事をさがす









もっと見る
この記事を書いた人

気になったスポットや情報は足を運んで体験・取材し皆様にお届けします。こんなコンテンツが欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしておりますのでお気軽にお問い合わせください!



None



None







トピックから記事を探す

カテゴリから記事を探す















▲TOPへ
jnice09-ipp19-wo-zo-0267